目でも楽しめる!神秘を秘めた冬景色を堪能する方法

冬景色は、他の季節にはない神秘的なものです。

海は日本海が最高です

雪とグルメが楽しめる日本海

雪を楽しむにはやはり日本海です。
日本海側なら、北は青森県から南は山口県まで、どこでも好きな場所を探すことができます。
雪と荒波、それにシベリアおろしが奏でるシンフォニーは日本海ならではのものです。
冬はシーズンオフですし、海の近くにはスキー場などもないので、宿の予約も取りやすいです。
東京から遠いのが難点ですが、上越新幹線、山形新幹線、秋田新幹線、北陸新幹線の開通で便利になりました。
一度、日本海の冬景色を経験したいものです。
雪とともに日本海で採れた新鮮な魚介類が食べられるのも、大きな魅力です。
なかでもカニは日本海の名物です。
カニは夏だと冷凍ものしかありませんが、冬には採れたてのものがたべられます。
地元まで行けば値段も安く、お腹いっぱい堪能できます。

行くなら金沢と新潟がいい

東京から行くには、金沢か新潟をおすすめします。
上越新幹線や北陸新幹線で、どちらも簡単にアクセスできます。
近くに有名な温泉もたくさんあり、冬景色とグルメ、そして温泉をセットにして楽しむことができます。
金沢は料理の美味しいことでも知られており、兼六園など観光名所も多い街です。
ぜひとも一度は訪ねたい街の一つです。
新潟は、佐渡の景色が有名ですが、冬は雪の日やどんよりくもった天気が多く、チャンスに恵まれないとなかなか見られません。
佐渡が見えたら運がよかったものと思いましょう。
帰りに今や観光名所になった寺泊に、寄るのもいいでしょう。
新鮮な魚介類のお土産を、安く買うことができます。
金沢も新潟も、新幹線と宿泊がセットになった格安のツアーがありますから、それを利用するといいです。